髪の存在意義・必要性や役割について

髪の存在意義・必要性や役割について

髪の毛は見た目だけの問題だと思っている方も多いようですが、実際には見た目だけの問題ではなく、体にとって必要なパーツと言えます。

髪の毛だけではありません。私たちの体には、頭部だけではなく、手、足、脇、陰部などなど、全身の至る所から毛が生えています。

体毛をすべて合計すると500万本にもなるそうですが、体にとっては必要なので存在しています。

髪を含め、体毛の役割は大きく分けて4つあります。

  • 体温調整の役割
  • 紫外線の遮断
  • 物理的なダメージの軽減
  • 異物の侵入を防ぐ

 

体温調整の役割

人間だけではなく、動物にとっての体毛とは、体温調整(保温)には必要です。

私たちは服を着るので、今では体温調整の役割という視点は徐々に薄れてきていますが、先祖の猿などは体毛により体温調整を行います。

 

紫外線の遮断

太陽から降り注ぐ紫外線は、体に摂っては有害な光線です。その紫外線を髪や体毛が防いでくれます。

特に、夏の暑い場、髪の毛が生えていても頭の温度が上昇してしまいます。これが髪の毛が薄い状態で、帽子すら被らないでいると、頭皮がやけどを起こします。

頭髪があれば、紫外線が直接皮膚にあたる事を防いでくれます。

 

物理的なダメージの軽減

頭部に物理的なケガを負ってしまう時でも、髪の毛はダメージを軽減してくれる役割があります。

衣服に比べると、防ぐレベルは大きく違いますが、スキンヘッドの状態で頭をどこかにぶつけてしまう時とでは、ダメージの大きさが異なります。

 

異物の侵入を防ぐ

これは髪の毛ではなく、睫毛や鼻毛などがあたります。

睫毛は、目にホコリや汗が侵入するのを防いでくれます。鼻毛も、鼻で呼吸する時に、異物やウイルスの侵入から、体を守ってくれる役割があります。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

髪と頭皮の基礎知識 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ