髪を健康にする為には、体の健康を考えればよい

髪を健康にする為には、体の健康を考えればよい

髪を健康にする為に色々と模索する人は多いと思いますが、髪の健康とは体の健康を目指せばいいので、難しく考える必要はありません。

食生活や生活習慣の過ごし方によって、体の健康が左右されるのと同じように、髪の毛の状態も左右されます。

例えば、アトピーやアレルギー、心臓病や痛風、糖尿病やガンなど、遺伝子的に誘発しやすいとしても必ず発生するわけではありません。

食生活と生活習慣により左右され、誘発しない人でも発生したり、誘発しやすい人でも発生しなかったりします。カラダに負担が無く健康的な生活を送る事が出来れば、病気にもなりにくくなります。

これと同じように脱毛も、体の健康を考えて過ごしていけば、悪習慣で過ごしているよりも抜けにくくなると考えられています。

生活習慣病と、脱毛の原因は非常に良く似ていて、体に良い事は髪の健康にもよいと考えられます。

  • バランスの良い栄養が摂れる食事
  • 十分な睡眠と程よい運動
  • ストレスの軽減

 

バランスの良い栄養が摂れる食事

バランスの良い栄養が摂れる食生活は、体の健康にも髪の健康にも必要です。

現代人の食生活は非常にバランスが悪く、肉や魚などの動物性のタンパク質や塩分、糖分が多くとりすぎてしまっている食事内容になっています。

それだけではなく、インスタント食品が多く普及してからは、加工食品が多く自然食が少なくなっているので、体の消化機能も低下しつつあります。

結果として肥満体質の人が多くなり、生活習慣病を引き起こし、薄毛や脱毛の原因にもなります。

 

十分な睡眠と程よい運動

髪は夜寝ている間に伸びると言われています。その理由は、起きている間に血液は内臓に流れ、寝ている間に骨や皮膚へ多く流れるからです。

髪の毛は皮膚が細胞分裂を繰り返し硬質化されていったものなので、夜寝ている間に血液から栄養が多く運ばれるので、寝ている間に最も成長していきます。

それだけではなく、睡眠不足を繰り返していると自律神経が乱れて髪の毛の成長を妨げてしまします。

血行を良くすることは、髪の毛の健康につながるので、1日30分程度の運動をして、軽く汗を流すと夜にぐっすり眠ることができ、さらに髪の毛にも良い影響が表れていきます。

 

ストレスの軽減

ストレスは現代病とも言えるかもしれません。

仕事、プライベート、等々、様々な場所で様々な事を考えて、神経や心が休まる間もない方が多いようです。

ストレスは髪の毛の成長の妨げにもなります。

それは、ストレスを受けている緊張状態になると、体が硬直して血の巡りが悪くなると言われているからです。

さらに、脱毛の原因の一つである男性ホルモンの分泌量が増えるという事も言われています。

ストレスをなくすことは難しいかもしれませんが、溜めこまないようにする事が重要なポイントの一つと言われています。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄げ(抜け毛)の予防でハゲを防ぐ方法 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ