薄毛予防の為に白米よりも玄米を積極的に食べる

薄毛予防の為に白米よりも玄米を積極的に食べる

玄米は白米と比較しても非常に優れていて、「完全に近い食物」と言われているくらいの食物です。

優れた栄養素がたくさん詰まっているだけではなく、含まれている量も非常に多いです。

主な栄養素を上げるとこのような内容です。

胚芽の栄養素 粗タンパク質、粗脂肪、ビタミンA、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、その他、レバー
外皮の栄養素 脂肪、タンパク質、セルロース、ビタミン、ミネラル

これだけの栄養素が含まれています。

玄米には、髪にとって欠かせない栄養素の数々や、ビタミンとミネラルがしっかりと摂ることができます。

 

白米よりも優れている理由

白米と玄米を比較すると、栄養素的にも非常に優れているのが分かります。

どれくらい違うかと言うと、白米よりも玄米の方が各栄養素が2倍~4倍多く含まれています。

特徴
  • ビタミンB1が4倍
  • ビタミンB2が2倍
  • ナイアシンが3倍
  • 食物繊維が3倍
  • リンが2倍
  • 鉄分が2倍

 

白米には含まれていない栄養素も玄米なら摂取できる

白米には含まれていない栄養素でも、玄米なら含まれています。

ビタミンEなどがそれに当たり、白米に含まれていませんが玄米からでしたら摂取できます。

ビタミンEの役割は、コレステロールを取り除いて血液の流れをスムーズにする効果が期待できます。これは老化予防に繋がるので、自然と髪の抜け毛の予防にもつながります。

 

玄米を食すると期待できる効果

  1. 腸によい微生物を繁殖さえて、腸内環境を整えてくれる。胃腸の活性化で便通を良くしてくれる。
  2. 弱アルカリ性がキレイな血液にしてくれる役割がある。全身に流れる血液がキレイになるので体質改善につながる。
  3. コレステロール値を下げる効果がある。高血圧や動脈硬化の予防になる。
  4. 貧血予防や不妊治療にも効果が高い。生活習慣病の糖尿病や、病気のきっかけとなる肥満対策にも効果大。
  5. 抗がん物質が含まれていて、ガンの発症を防ぐ効果が期待できる。新陳代謝の活性化の効果がある。

玄米には、白米では得る事が出来ない栄養や効果が期待できるので、薄毛予防の為にも接触的に増やしていきたいメニューの一つです。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄げ(抜け毛)の予防でハゲを防ぐ方法 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ