毛根から髪の健康状態を確認して脱毛を防ぐ!毛根のチェックポイント!

毛根から髪の健康状態を確認して脱毛を防ぐ!毛根のチェックポイント!

髪は毎日少しずつ伸びて、新しい髪と古い髪の毛が徐々に生え変わっていきます。

抜ける本数が1日70本~100本程度でしたら、ヘアサイクルの周期で生え変わっている通常の症状です。しかし、100本以上抜ける日が続いていくと、注意が必要です。

脱毛で悩んでいる人の抜け毛の本数は、1日200本以上抜けます。500本以上抜けるケースもありますし、円形脱毛症などの場合は、1日に2000本以上ぬける場合もあります。

日頃から抜ける本数のチェックをしたり、抜けた髪の毛根をチェックしていると髪の毛の状態が把握でき、脱毛症が進行していく前に気が付く事ができます。

 

毛根をチェックして髪の健康状態を確かめる

毛根の状態をチェックすれば、髪が抜けている脱毛の原因が分かるケースがあります。

良くある毛根パターンを記載していくので、脱毛が進行している人はマイクロスコープなどを活用して毛根の状態を確認してみてください。

マイクロスコープは安い物だと2000円以内で手に入ります。

 

健康な髪の根本

まず、健康な髪の根本ですが、毛根の形がマッチの棒のようにしっかりとふくらみがあります。

健康毛と自分の髪の毛を比較する為に、家族から比較する為の健康毛を一本貰うようにしましょう。

薄毛で悩んでいない人の毛髪で、襟足の髪をサンプルとして取得する事をお勧めします。襟足はホルモンの変化に影響されにくいのでサンプルとしては理想的です。

 

根本、毛根が細長い形状

毛根が細長い状態で抜けていく髪は、ヘアサイクルで成長期にあたる髪の毛が抜けています。

脱毛の仕組みを理解する為にヘアサイクルについて知らなければ、各周期を確認しておいてください。

 

成長期の髪が抜けていく原因は男性型脱毛症の症状の一つです。男性ホルモンと5αリダクターゼの還元酵素によって5αDHTに変化して、毛母細胞の活動を抑制して脱毛していきます。

その他にも生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレス等も十分に考えられます。

 

根本、毛根の部分に白色の付着物(皮脂)が確認できる

抜けた毛根に白い付着物がある場合は、脂漏性脱毛症が考えられます。皮脂の分泌が過剰に多いと起きる脱毛症です。

頭皮を常に清潔な状態にして、食生活も見直すようにしましょう。

 

根本、毛根の部分が尻尾のように伸びている

毛根の部分から尻尾のようなものが飛び出しが確認できたら、粃糠性脱毛症の可能性があります。粃糠とはフケの事です。
頭皮が水分不足で乾燥していると、角質層がはがれて大きなフケになります。新しい細胞ができるまえに剥がれてしまう頭皮トラブルです。
このことを角化異常と言うのですが、皮膚の重度症状の一つです。このフケが毛穴を詰まらせ、雑菌繁殖の原因にもなります。脱毛にもつながるので注意が必要です。
石油合成系シャンプーを使っていると、ほんの少しのすすぎの腰でも頭皮を傷つけ粃糠性脱毛症になる原因になるので、良く洗い流すかシャンプーをアミノ酸系の物に変えるなどの工夫が必要です。

 

根本、毛根の部分が小さくなり、先端が丸くなっている

自律神経失調症からくる、良性の円形脱毛症が考えられます。
自律神経は体全体のバランスをコントロールしていて、血液の流れにも影響がでてきます。毛髪は血液から栄養が送られていくので、血流が悪くなれば毛母細胞の活性が鈍くなり、髪の毛が健康的に伸びていきません。

 

根本、毛根部分がちぎれたような形状をしている

治りにくい円形脱毛症の一種の可能性があります。
これも自律神経が関わってきていますが、ストレスによって乱れるタイプです。
自己免疫機能が誤作動して、髪が作られる毛母細胞を「敵」と認識してしまいます。すると、免疫機能が攻撃して体から排除しようとするので、一気に抜けていきます。
ストレスが原因でおきるケースが多いので、ストレスの元を見つけて改善させることが大切です。
非常に治りにくいので、根気ある治療&対策が必要です。


 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄げ(抜け毛)の予防でハゲを防ぐ方法 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ