薄毛やハゲ予防の為にも仕事を一番の優先事項から外す

薄毛やハゲ予防の為にも仕事を一番の優先事項から外す

仕事がもたらす影響は、良い物もあれば悪い物もあります。

薄毛で悩む人々の場合、仕事が与える人体(髪)への影響は、薄毛や抜け毛の進行を加速させるケースが多いようです。

生きていくうえでお金はなくてはなりません。しかし、仕事オンリーの思考になってしまうと育毛対策も予防も実践することが困難になります。

 

育毛予防ができない言い訳が「仕事」になってしまう

言い訳といったら反感を頂きそうですが、実際に私は言い訳の一つとして「仕事」を都合のいいように使ってしまいます。

例えば、「生活習慣を正すために、規則正しい食生活と睡眠時間を」と考えても、「仕事があってとても無理だ・・・」とすぐに仕事を一番優先的ポジションに持ってきて実践すらしないときがあります。

育毛を本気で考える為には、「生活習慣の改善」と「適切な育毛剤の使用」が必ず必要です。

時間がかからない事や、生活リズムに変化がない物は簡単に実践可能です。しかし、生活リズムを変えなければいけない事は、実践困難であったり、それが習慣化されなかったりしてしまいます。

 

「仕事が一番大切!」という思考を解除しなければ生活習慣はなかなか変えられないと思った

実際に仕事は大切です。家族を持っていたら自分の事だけではなくなりますからね。

しかし、本当に生活習慣を変えようと思った時に、「仕事」は「障壁」となる人が多いようです。私もそうです。

仕事をしている以上、1日の時間の殆どが消えてしまいますし、食事の時間も制限されます。意にそぐわなくても「職場のルール」に従った生活リズムにしていかなければいけませんからね。

これが、「仕事が一番大事だから他の事は二の次」という思考になってしまっていたら、なおさらそうだと思うんです。

 

「髪」と「仕事」を本気で天秤にかけてみる

もし本気で育毛対策を考えているのでしたら、「髪」と「仕事」を天秤にかけてみる必要性があるかもしれません。

これは大げさでもなんでもなく、両方を同時に得る事は非常に難しいと思っています。

仕事が作る悪影響を軽視している人が多いように感じますが、実は髪や体にとって悪影響となる事が本当に多いのです。

「ストレス」「生活リズム」「食生活の乱れ」「睡眠時間」等々、ブラック企業と言われている所に勤めていたら、これらすべてが乱れていきます。

実際に早死にしたり、薄毛が多い人の特徴で、「仕事が過酷」と言う人が多いようです。これは美容師として働いている私が、様々な職種の人と接点を持っているから分かる事です。

「職業と髪の毛の量」を照らしてみても、過酷な環境にいる人は肥満であったり、心身ともに疲れていたり、薄毛の人が多いのです。

実際に私の弟も、仕事を辞めてしまいました。話を聞いていると、辞めるまでの経緯は下記の通りです。

  1. 仕事で生活が乱れた
  2. 頭皮に大量のフケが発生
  3. 髪の毛が抜けだし、つむじからハゲが進行
  4. 人目が気になり会社を退社

このような経緯です。

今は、弟の髪の毛も殆ど復活して自信も取り戻しているようです。体験談に経緯を書いてあるので参考に見てみてください。

 

髪を復活させるために仕事を変える人は実は多い

意外でしょうか?実は髪の毛を守るために仕事を変える人は実は多いのです。

もちろん髪だけが理由ではありませんが、「髪」と「仕事」を天秤にかけて、髪(その他も)が大切だから!といって仕事を変える人は実は多いのです。

私の弟のように、薄毛で退職してしまうよりも、そうなる前に仕事を変えるのは一つの選択かもしれませんね。

薄毛じゃない人が聞いたら、「髪ごときで仕事をかえるなんて何を馬鹿な事を。。。」と思うかもしれませんが、実際にハゲてしまって社会にでられなくなった人からしたら死活問題です。

髪が減ってきて本気で対策を考えているのでしたら、一度何が大切なのか?を考えてみるといいですね。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄げ(抜け毛)の予防でハゲを防ぐ方法 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ