薄毛予防のための睡眠知識・睡眠不足が招く髪と体への悪影響

薄毛予防のための睡眠知識・睡眠不足が招く髪と体への悪影響

仕事が忙しかったりすると、ついつい睡眠不足になりがちです。

しかし、睡眠は体の休息だけではなく「メンテナンス」の役割があります。睡眠不足が続くと、体の調子が悪くなり、あちこちに不調箇所が出てきます。

これは、睡眠不足からくる体のトラブルです。

 

薄毛にとっての睡眠不足は何がいけないのか?

薄毛の人にとって睡眠不足が招く一番の問題は、成長ホルモンの分泌量が減る事です。

成長ホルモンの分泌量が減ると、髪の毛よりも重要な筋肉や肉体の組織細胞の再生や生成に使われます。

髪の成長がストップしても体には何の問題もないので、ホルモンの分泌量が減ると髪の毛はどうしても後回しになってしまいます。

成長ホルモンの分泌量の低下が、薄毛にとってはマイナスに働きます。

 

不規則な睡眠リズムが招く体への影響は?

  • エネルギーの消費量が減り肥満体質になる
  • 代謝低下で便秘になりやすい
  • 血糖値が高くなり糖尿病になりやすくなる
  • 免疫の低下で病気になりやすい

不規則な睡眠リズムは、体の代謝リズムが狂います。

その影響で、エネルギーの消費量が減って肥満体質になり、体はどんどん肥えていきます。薄毛と肥満を同時に悩んでいる人が多いのは、睡眠不足の低下から来ている傾向にあります。

それだけではなく、腸内環境が乱れて便秘になり易くなったり、免疫力の低下や生活習慣病にかかりやすくなります。

 

乱れた睡眠リズムを正しくする為には?

早寝早起きを心がければいいだけなので、難しい事ではありません。

夜遅くのテレビや食事などは控えて、22時を回ったら部屋を暗くして布団に入りましょう。そして翌日の6時~7時までに起床すれば睡眠リズムの乱れは解消できます。

夜早く寝るのは、なんだか損をしているような気分になるかもしれません。しかし、早寝早起きが継続できるとそれが当たり前になり、寝坊する事が1日を損している気分になっていきます。

最初は抵抗があるかもしれませんが、睡眠不足が続いている状態では、育毛予防にならないので習慣化を心がけましょう。

 

仕事で深夜遅くなる人は・・・

仕事で帰りが遅くなり、どうしても睡眠リズムが整えられない人は、いちど仕事の有り方を考えてもいいかもしれません。

睡眠不足が続いていると、間違いなく早死にします。若い時は良くても30代40代になってくると体に影響が出てきます。

20代の頃の睡眠不足は体にはでにくいので、そんなに重要だとは感じないかもしれません。しかし、個人差はあれど、生命に関係のない髪等から影響を受け始めていきます。

薄毛の予防や治療の為に、仕事を変える人もいるので「自分にとって大切な事」をもう一度考えてみてください。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄げ(抜け毛)の予防でハゲを防ぐ方法 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ