抜け毛を減らして薄毛ハゲを防ぐ昼寝の効果効用

抜け毛を減らして薄毛ハゲを防ぐ昼寝の効果効用

本来人間は1日に2回寝る生き物だと言われています。このことを二相性睡眠といいます。

午後になると、一時的に眠くなるような経験をだれしもがされていると思います。これは食事をした後の消化作用の為に、血液が消化器官に優先的に送られるため、脳の思考力が低下するからと言われています。

ですが、そもそも生理学的に人間は午後になったら睡眠をとるようにできています。

 

昼寝がもたらす効果効用

  • 昼の睡眠15分は夜中の睡眠2時間程度にあたる
  • 人間本来の生活リズムを取り戻すことができる
  • 代謝のリズムが整い髪の成長しやすい環境になる

昼寝の効果は非常に大きく、昼に寝る15分は夜中の睡眠の2時間前後にあたるそうです。

浅い眠りでも、目をつむりリラックスした状態に体を置けば、ボーっとした脳の状態から元に戻り、また仕事や勉強に集中することができます。

人間は元々午後に寝る二相性睡眠をする生き物なので、昼に寝る時間を取り入れれば人間本来の生活リズムを取り戻せます。

それらは体の代謝リズムを整えてくれるので、髪の成長しやすいか環境ともいえます。

 

日本以外では昼寝するのが「当たり前」となっている国も多くある

昼寝というと、日本の習慣からしたら考えられないと思います。

しかし、海外では昼寝をしない方がおかしいという認識があるくらい昼寝の習慣が広まっています。

イタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャなどは昼寝の習慣が取り入れられていて、職場でも「昼寝」をする習慣が付いているそうです。

中には、会社全体の受付を締めて、一時的に休止状態にして30分~1時間を全体で休むそうです。

 

日本で昼寝を取り入れるには

日本で昼寝を取り入れる為には、午後の休憩を利用する方法が最も現実的です。

さすがに、「昼寝をしてきます!」と宣言したところで、「どうぞ」と言う風にはなりません(汗)

なので、食事の時間を少し早めに終わらして、15分~20分を睡眠時間にあててみてください。

車の中、誰もいない会議室、避難階段などなど、静かで落ち着ける空間をキープすることが大切です。

昼寝の場所が確保できたら、靴を脱いでワイシャツのボタンを把持して首元を緩めてください。短時間で起きれるように時計のアラームを15分~20分後にセットしましょう。

 

15分~20分の浅い睡眠で十分効果を感じれる

昼寝なので深く寝る必要はありません。15分~20分で実際に眠りにつくのは5分程度かもしれません。

しかし、15分後目を空けた時の頭のクリア感には驚かされるものがあります。

もし時間があっても30分以上の昼寝はしないようにしましょう。本格的な睡眠に入ってしまうと、短時間なので逆に目覚めが悪く、気分もよくありません。

浅い睡眠だからこそ効果的なのです。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄げ(抜け毛)の予防でハゲを防ぐ方法 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ