リンス トリートメント 違い 抜け毛予防

リンスとトリートメントの違い・育毛予防の為にはどっちが正しい?

「リンスとトリートメントはどう違うんですか?」といったご質問をよくいただきます。

リンスとは「すすぐ」を意味していて、お湯や水で頭皮や頭髪に付着しているシャンプーや汚れをすすぎ流すことを指しています。

それに対して、トリートメントは、「手当て」といった意味合いを含んでいます。
多くの方がトリートメントに期待している効果は、髪の毛のダメージを抑えるトリートメントの方が期待できると言えるでしょう。

 

リンスとトリートメントはどちらの方が良いか?

リンスもトリートメントも、カチオン界面活性剤が主成分となっていて、乳化剤やPPTやNMFや油脂類などの髪の毛を安定コーティングするものが含まれています。
専門用語でちょっとわかりにくいかもしれませんが、簡単なイメージとしては、髪の毛を油分が包み込み、開いたキューティクルを閉じていくようなものです。

リンスよりもトリートメントの方が濃度が高く有効成分が濃くできています。
乳化剤の粒子も細かくできていて、頭髪の内部に浸透しやすくできている為、髪の回りのコーティングだけではなく、内部に入っていて髪の状態を整えていきます。

リンスとトリートメントでは使用の仕方も違います。

リンスの場合は、塗布したらすぐに洗い流すので、髪の毛の回りに付着して髪を保護します。
トリートメントは、塗布してから時間を少し置いたり、美容室では遠赤外線などを使用して加温して、有効な成分を髪の仲間でできるかぎり浸透させます。
トリートメントの方が効果が長続きすることが期待できるので、髪の乾燥やダメージが気になる人はトリートメントを選択するようにしましょう。

 

抜け毛予防や育毛の為にはどちらが良いか?

抜け毛予防や育毛の為にも、どちらも頭皮につけないようにすることが大切です。

特に市販の安価なリンスやトリートメントメントは、頭皮に付着すると毛穴に残り易く、フケや痒みの原因にもなりかねません。
出来る限り毛先の部分につけて、頭皮にはつかないようにして丁寧にすすいであげる事が大切です。

薄毛が気になっている人やショートヘアの人は、リンスやトリートメントは使わなくてもいいケースが多いです。
トリートメントをすると髪が重くなる為、乾かした後にボリュームが出にくくなります。

すると、つぶれたような感じに見えたり、ボリューム感が少なくなったような感じにもなるので、当てはまる人は使用目的をもう一度考え直してみましょう。

 

頭皮用のトリートメントもあります

頭皮の乾燥を防ぐために、頭皮にあえてつけて使うようなトリートメントもあります。

成分を見た時に、ピオクトンオラミン等が書いてあれば頭皮につけても良い効果を発揮してくれます。
(ピオクトノラミンとは、頭皮の雑菌増殖を防止する役目がありる成分)

しかし、そういったトリートメントは値段的に高級な物が多いです。市販されているシャンプートリートメントの3倍~4倍の価格です。
その為、ドラッグストアなどでは取り扱っていないケースが多いです。

専属の美容師さんに、頭皮の状態に合わせたシャンプートリートメントを一緒に選んでもらうのが一番安全です。

 

カラーやパーマなどをしていないショートヘアーの男性は、使わなくても良い

リンスやトリートメントは、髪のダメージを整える物です。
その為、カラーやパーマをしていないショートヘアーの男性は、シャンプーのみにしてトリートメントをする必要がないケースが多いです。

私も、カラーやパーマをしている時はトリートメントをしていましたが、今は一切していないのでトリートメントを控えています。

使わない方がスタイリングする時にボリュームが出やすく、自然な感じに仕上がるのでセットも簡単です。

頭皮用のトリートメントで、頭皮ケアをする目的がある場合でしたら使用することをお勧めしますが、そうでないかぎりは思い切って使わない事を選択する事もいいでしょう。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄げ(抜け毛)の予防でハゲを防ぐ方法 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ