育毛予防の為に制限したい食品と栄養素

育毛予防の為に制限したい食品と栄養素

育毛予防の為に取りたい髪に良い食品と栄養分」で、髪にプラスになる食品と栄養素をまとめました。
今回は、髪の為にはなるべく制限していった方が良い食品と栄養素をまとめていきます。

ここに上げる食品は、必ずしも髪にとってマイナスに働くわけではありません。
しかし、毎日のように摂取していくと、体にとって負担になり、髪にマイナスの作用になるので、摂取量には注意が必要です。

育毛予防をされている方は、育毛予防の為に制限したい食品と栄養素に一度目を通して、食生活の参考にしてみてください。

  • 塩分・Na(ナトリウム)
  • 香辛料・嗜好品
  • アルコール
  • 脂料理
  • 甘味料

 

塩分・Na(ナトリウム)

まず注意したいのが塩分です。
多くのインスタント食品やファーストフード店の料理には、塩分が過剰使われています。

塩分を摂りすぎて、体内塩分量が過剰になると、機能障害が起きて脱毛量が増えたり高血圧と動脈硬化の原因になります。
アメリカでは塩分摂取量を制限しただけで、抜け毛の本数が減ったという報告もあるそうです。

塩分摂取量を減らす為には、調味料を気を付ける事が一つのポイント。
低塩醤油、塩減味噌などの塩分が控えめな物を使うようにしましょう。酢やレモンなどもお勧めです。

カリウムが多く入っている海藻類や野菜などを多く食べる様にすれば、塩分を減らしていく事もできます。

制限したい塩分の目安ですが、食塩にすると、

  • 成人男性は9g未満
  • 成人女性は7.5g未満

以下に減らすことを心がけましょう。

 

香辛料・嗜好品

唐辛子、わさび、七味、コーヒーなどの過剰摂取には注意しましょう。

香辛料や嗜好品は摂りすぎると皮脂分泌量が多くなり、頭皮トラブルの原因に繋がります。
フケが多くなり、頭皮の細菌が増殖して毛髪の成長を妨げます。

コーヒーは適量でしたら思考をはっきりとさせて集中力を増してくれる作用があります。
その他にも、あまり知られていませんが、体内に溜まっている糖を排出させる作用もあります。適度に飲む分には、良い面もあります。

しかし、飲みすぎると内分泌系統に大きなストレスになり、体内ビタミンの働きも鈍くします。
すぐに脱毛の原因になるわけではありませんが、飲み続ける事で毛細血管と皮膚の働きが悪くなり、いずれ脱毛の原因に繋がってくるという考え方です。

 

アルコール

アルコールは適量でしたら”百薬の長”とも言われていて、血液の流れを良くしたり、ストレスの解消効果が期待できます。
毛髪への悪影響も心配することはありません。

しかし、飲みすぎてしまうと、体内のビタミンB1の消費量を高めて、毛髪の成長の妨げになります。

お酒を飲むときは下記の事に注意をしましょう。

  • お酒と同じ量の水を飲む
  • ビタミンB1を摂取できるおつまみを選ぶ

このような工夫で、お酒を飲みすぎてもマイナス作用を緩和することができます。
ちょっとした工夫が大切です。

 

脂料理

脂料理や脂っこい物も適量でしたら問題はありません。
しかし、食べ過ぎると血液の循環が悪くなり、髪の成長に必要な栄養補給の妨げになります。
心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなるので、健康面でも注意が必要です。

脂っこいものを好んで食べている人の頭皮は、皮脂分泌量が多く脂性のフケが多く出やすくなります。
この状態でシャンプーなどを怠ると、雑菌の繁殖が起き、脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症にもつながります。

このケースの脱毛は、髪の成長を阻害しているのではなく、頭皮の悪化により髪が抜けやすくなると考えてください。

 

甘味料

砂糖(ショ糖)を使ったお菓子などの食べ過ぎも気を付けましょう。
ニキビやフケの発生を促進したり、体内で脂肪に変換されて肥満の原因に。

甘い物が食べたくなった時は、お菓子ではなくフルーツがお勧めです。
果糖は脂肪に変換されることがないので、すぐにエネルギーとして消費されます。

ダイエット効果もあるので、お菓子ではなくフルーツを選択しましょう。

 

ストレスが溜まらない様にできる事から少しずつ。

ここで上げた食事を生活から減らしていく事が出来れば、食生活からくる脱毛原因を確実に減らしていく事が可能です。
しかし、我慢をすることも多く、場合によってはストレスになるケースも考えられます。

お酒などが良い例ですね。禁酒をしようとしてもストレスが溜まりなかなかできる事ではありません。
そこでお勧めなのが、いきなり絶つのではなくストレスが溜まらない様に徐々に改善していく事です。

さきにも上げた、”お酒と同じ量の水を飲む”というのはとても効果的で、体内でアルコール度数を下げてくれる効果があります。

このように、できる事から徐々に改善していく事が、悪しき食生活を改善していく為の第一歩です。
オススメなので是非試してください。

頭皮や肌環境はすぐに変わり1~2週間程度で体感できると思います。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄げ(抜け毛)の予防でハゲを防ぐ方法 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ