抜け毛の本数はどこまでが許容範囲か?ボーダーラインは1日何本まで?!

抜け毛の本数はどこまでが許容範囲か?ボーダーラインは1日何本まで?!

育毛予防や対策を始めている人にとって、毎日の抜け毛チェックが習慣になっている人は少なくありません。

私も、改善事例で紹介している弟の抜け毛の本数を定期的にチェックをするようにして、今行っている育毛対策の効果を必ず数値化するようにしています。

そこで気になるのが、「一日何本までなら抜けても大丈夫なのだろうか?」「何本抜けたら危ないのか・・・?」という事。

実はこの類のご質問はとても多くいただきます。

  • 「髪の毛が毎日〇本も抜けるんですが大丈夫ですか・・・?」
  • 「排水溝にいっぱい髪の毛が溜まるんですが、やばいですよね?」
  • 「枕に髪の毛が毎朝付いているんですよね・・・不安なんですよ」
  • 「毎日クシに髪の毛が付いているんです・・・」

毎日本数をしっかりとチェックしている人もいれば、感覚的に「こんなに抜けて大丈夫なんだろうか」と不安を感じている人も多いです。
薄毛や抜け毛を意識出した日から、常に気になってしょうがなくなると思います。

そこで、私が実際に美容室にご来店頂いたお客様に御伝えしているボーダーラインについてまとめさせて頂きます。
個々の差はありますが、参考の一つになると思います。

 

抜けるのは自然な事・それがだいたい50本~100本

抜け毛に敏感になっている人は1本抜けても気になるもの・・・
それが10本も20本も抜けると恐怖に変わってくるかと思います。

が、

大体50本~100本くらいは抜けて当然です。

日本人の頭髪はおよそ10万本生えています。
そこでヘアサイクルと照らし合わせて計算していくと、成長期を3年と計算しても1日の抜け毛は90本前後です。
ヘアサイクルについては、下記の記事にまとめてありますので、確認してください。

1日50本~100本くらい抜けるのが平均です。

これを聞くと、「1日100本も抜けるんですか?!大丈夫ですか?!」というように驚かれる方もいますが、1日抜ける髪の毛を丁寧に丁寧に集めると50本くらい平気で抜けています。
多い日は100本近く抜ける事も。

なので、抜け毛が多くてもあまり敏感になりすぎない様にしましょう。

 

100本以上抜けたら気を付けたい・けど敏感になりすぎないで!

「100本以上抜けるようでしたら気を付けてくださいね」と美容室でアドバイスさせて頂いています。

すると、「この前102本抜けていて、本当に100本以降の毛が気になります!」というお電話を頂きました(汗)
たしかに、「100本までは大丈夫ですよ!」というと、101本抜けるともう恐怖ですよね。

ですが、101本抜けても敏感になりすぎないでください。
多く抜ける日もあれば、まったく抜けない日もあります。

101本抜ける日もあれば、50本以下の日もあります。

1ヵ月~3ヵ月、毎日抜け毛の本数をチェックしてみて、1日平均100本以下であれば、とりあえず大丈夫というボーダーラインを持ってみてください。

1日1日気にしていると、その心配でいること自体がストレスになりよくないですからね。

 

150本~300本も毎日のように抜ける人は、薄毛が進行していく可能性大!

150本以上、毎日のように抜ける人は注意が必要です。

何かしらの原因で薄毛が進行していて、ヘアサイクルの成長期の期間が短くなっている可能性があります。
考えられる原因としては、AGAや円形脱毛症や、脂漏性脱毛症などが一般的です。

その中でも80%~90%の方がAGAの男性型脱毛症です。(女性は女性型脱毛症や瀰漫性脱毛症などと言う)
様々な脱毛症の原因は下記の記事でまとめてあります。

もし、AGAでしたら、前髪か頭頂部から薄毛が進行して拡大していきます。
一定の所まで進行し続けますので、対策が必要です。

最初にもご案内した改善事例は、私の弟がAGAで頭頂部が薄く進行していました。
1日目を見て頂ければ分かりますが、頭頂部のつむじ付近が見事にハゲ広がっています。

薄毛の状態1日目

この時の抜け毛の本数は、やはり1日150本~200本。異常なくらい抜けていました。
その後、抜け毛対策をしっかり行う事と、育毛剤とサプリメントと生活改善で徐々に抜け毛の本数が減っていきました。

抜け毛の本数が平均して150本以上抜けてくるようでしたら、薄くなる前に予防や対策を始めていきましょう。

対策や予防のやり方の一つとして、「薄毛対策・薄毛改善までの必須カリキュラム」にまとめてあります。
副作用がない方法なので、まずはこちらの方法からトライしてみてください。

 

細く短い毛が自然と抜けている時も・・・

細く短い毛が自然と抜けている時も注意が必要です。
髪の毛は、長く太く成長してから抜けていくのが通常です。

細くて短い状態で抜けていると、成長期の期間が短くなっている事が考えられます。

薄毛は、ヘアサイクルの成長期が短くなる事から始まるので、抜け毛の中に細く短い毛が多く見られたらすぐにでも対策を始めた方がいいかもしれませんね。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄げ(抜け毛)の予防でハゲを防ぐ方法 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ