病名がない脱毛症を伴う病気と原因

病名がない脱毛症を伴う病気と原因

 脱毛症の種類と症状で様々な脱毛症をまとめてありますが、脱毛症を引き起こす原因を細かく上げていくと様々な物があります。

代表的な原因をまとめました。

 

考えられる脱毛症の原因

薬剤 極端に言うと、殆どの薬には脱毛の原因が考えられる副作用が潜んでいます。もっとも代表的なのが抗がん剤です。
ホルモン分泌 身体の機能調整を行うのがホルモンですが、そのホルモンシグナルが原因で脱毛を起こすケースもあります。甲状腺ホルモンの分泌低下は髪に影響が出やすいです。
代謝
栄養障害
亜鉛や鉄分が極端に不足したりすると脱毛の原因になります。過度なダイエットをしたりすると抜け毛が増えるのは代謝や栄養障害が原因で起きる物です。
感染 梅毒やハンセン病は脱毛を引き起こす可能性がある病気です。ウィルスや細菌として感染する可能性があります。
禁煙 「関係がある」「関係がない」と結論が分かれていてまだはっきりされていませんが、喫煙により血管収縮が起きて血の流れが悪くなると脱毛原因になると考えられています。

脱毛症の種類や原因は、様々な要因がありそれは上記の表に上げた物と関係しています。

一つが原因で薄毛になる人もいれば、複数当てはまり薄毛になる人もいます。

原因により治療方法が変わってきますので、一つの原因に絞らずに様々な関連性を考える事をお勧めします。

治療の際は生活習慣等の視点から見てありとあらゆる薄毛に繋がる原因ある可能性を消していく必要があります。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄毛やハゲにつながる原因と理由 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ