炎症性脱毛症の症状と特徴

炎症性脱毛症の症状と特徴

炎症性脱毛症とは由来のとおり頭皮が炎症を起こすことにより脱毛してしまう症状の事です。

炎症性脱毛症は大きく分けて二つのケースに分類されます。

それが、薬剤の接触から起きる接触性皮膚炎と、頭皮トラブルから炎症です。

 

接触性皮膚炎の原因

接触性皮膚炎の原因は、美容室で行うパーマやカラーリングの時に使用する強い薬剤が原因で起きます。

頭皮が弱い人や敏感肌の人は脱毛が起きなくても炎症にはなりやすいので特に注意が必要です。美容室で施術を行う際には担当の美容師さんに一言伝えるだけでも処置をしてくれますので必ず伝えるようにしましょう。

また、美容室だけではなく、ご自宅で使うシャンプーやトリートメントの洗い流しが足りなくても起きるケースがあります。

シャンプーやトリートメントで髪を洗った後に一番大切なのがすすぎです。

すすぎには時間を沢山つかって頭皮にシャンプー&トリートメントが残らないようにしましょう。

かゆみが出たり続いてきたらシャンプーやトリートメントがあっていないか、洗い流せていないと考えられます。

 

頭皮トラブルの炎症

シャンプーのし過ぎで脂を摂りすぎていて皮脂の分泌が多くなると、頭皮トラブルに繋がります。

ひどい場合はフケが出てきて髪が細くなりハリコシがなくなって脱毛に繋がるケースもあります。

 

脂漏性脱毛症

皮脂分泌が多く、脂性のフケが多く出てくると脂漏性脱毛症に繋がる原因になります。

初期症状としては患部が赤くなり湿疹ができてきます。徐々に大き目な鱗のようなフケが出てきて進行していくと脱毛していきます。

原因は皮脂腺が分泌する皮膚が、異常なくらいに多くなったり、皮膚に住む真菌と言うカビの一種が皮脂を分解することにより発症させると言われていますので注意が必要です。

下記に詳しく書いてありますので参考にしてください。

 

粃糠性脱毛症

脂性のフケが出てくる脂漏性とは違い、乾性のフケが出てくるのが粃糠性です。

シャンプーの回数が多すぎたり、洗浄力が強すぎたりすると頭皮の脂が足りなくなり乾燥します。

乾性のフケが多く出てくるようになり毛穴がつまり炎症を起こして脱毛症上に繋がります。

粃糠性脱毛症についても詳しくかいてありますので参考にしてください。

 

炎症性脱毛症の治療方法

  • パーマやカラーをし過ぎない
  • シャンプーの回数を減らす
  • シャンプーの洗浄力が強すぎない頭皮に合うものを使う

当然ですが、ならないように対策をするのが一番です。

不摂生や不健康により頭皮のトラブルから起きる原因要素もしっかりと無くしていく事が大切です。

接触性皮膚炎も、ちょっと気を付けるだけで防ぐ事ができます。

気を付けていてもなってしまった場合は、皮膚科に行ってみてもらう事が大切です。粃糠性脱毛症には外用薬のケトコナゾールが効果を認められているので医療機関で処方してもらいましょう。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

脱毛症の種類と症状 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ