長時間の被り物、帽子やヘルメットは脱毛の原因になる

長時間の被り物、帽子やヘルメットは脱毛の原因になる

薄毛で悩まれているお客様からご相談を頂くときに、お仕事等を聞くと被り物をされているご職業が多いです。

実際に帽子を長時間被っていると汗をかき頭皮が蒸れます。頭皮が蒸れると雑菌が繁殖して毛根にも悪影響を与えます。

帽子をかぶる人全員がハゲてしまうわけではないのですが、頭皮や毛根にはマイナスの影響や要因があるという事は言えます。

帽子が悪影響を与える流れ

  1. 長時間帽子をかぶる
  2. 頭皮が蒸れてくる
  3. 雑菌が繁殖する
  4. 毛根や頭皮に影響を与える

蒸れてしまう一番の原因は汗です。汗には注意が必要です。

特に仕事やスポーツなどで被り物をしていると汗が被り物で蒸れて雑菌繁殖がしやすい環境が整います。

道路工事や建設現場、バイク等、ヘルメットの着用が義務付けられている仕事に就いている人には薄毛で悩む人がとても多いようです。

 

汗で蒸れる頭皮のお手入れをする!

汗をかいたら必ずお風呂でシャワーをして頭皮から雑菌や原因を流すことが大切です。

長時間ヘルメットを被り夜遅くまでシャワーができない状態でしたら、休憩時間などを利用して頭部の汗を拭きとったり、脱いで通気性を良くしたりする事が大切です。

「被り物を長時間していると雑菌が繁殖する」と心に留めておき、被り物が多い人は常にお手入れを心がけるようにしましょう。

  • 被り物をしたら必ずシャワーで頭皮の汗を流してキレイにする
  • 休憩時間など空いている時にタオルを使って頭皮の汗を拭きとる

 

紫外線からは頭皮を守った方がいい

被り物は雑菌繁殖の原因になるというお話をしてきましたが、真夏の紫外線がガンガン降り注ぐ中では帽子をかぶって紫外線対策をした方がいいです。

紫外線を浴び続けると肌が焼けるように、頭皮も痛める原因になります。長時間直射日光にさらされ続けると炎症を起こす原因にもなりかねません。

夏場の熱い紫外線から頭皮を守る為にも、時と場合を選んで帽子をかぶるようにする事をお勧めします。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄毛やハゲにつながる原因と理由 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ