瘢痕性(はんこんせい)脱毛症の症状と特徴

瘢痕性(はんこんせい)脱毛症の症状と特徴

瘢痕性脱毛症とは事故や火傷などが原因で頭部に損傷を負い、その傷が原因で起きる脱毛症状の一つです。外的損傷だけではなく、病気から感染するケースもあるそうです。

瘢痕性脱毛症になると、頭皮にある毛母細胞が存在しなくなるので、以下なる対策をしても髪の再生や発毛をすることができないと言われています。

瘢痕性(はんこんせい)脱毛と言うあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、脱毛症状の一つなので解説させて頂きます。

 

瘢痕性脱毛症の原因

  • 事故や火傷などの外的要素でおきた傷
  • ガンの放射線治療
  • 細菌、真菌感染症、扁平苔癬、エリテマトーデスの病気感染

主な原因頭皮への外相的な傷です。事故や火傷の他にも、ガンの放射線治療や頭皮にできるおでき等が原因で起きるケースもあります。

病気でも瘢痕化を引き起こす場合もあり、細菌、真菌感染症、扁平苔癬、エリテマトーデスなどに感染してしまうと瘢痕化が起きて脱毛症に繋がる確率も高いようです。

 

瘢痕性脱毛症の対策

  • 外科手術
  • 植毛

毛母細胞が損傷して無くなってしまうと、いかなる育毛方法を試しても髪の毛の再生をすることはできません。

瘢痕性脱毛症で無くなった髪をカバーする対策として上げられるのは、外科手術や植毛が今の所改善することができる対策です。

事故や火傷は突発的な物ですが、細菌感染から起きるケースもあるので、急な脱毛症状を感じたらできるだけはやく皮膚科で見てもらう事が大切です。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

脱毛症の種類と症状 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ