多くの女性が悩んでいる脱毛症状の種類

多くの女性が悩んでいる脱毛症状の種類

薄毛で悩むのは男性だけではありません。美容師になってスタイリストになった時に、「女性もこんなに薄毛で悩むのか・・・」と驚いた事があります。

正直男性だけの悩みだと思っていましたが、髪の悩みに性別は関係ないと感じるようになりました。

実際に男性よりも女性の方が髪に対して精神的ストレスを感じやすいはずです。男性よりも薄毛の状態が認知(?)されていなくて、比較的珍しい目で見られる方もいるそうです。

私もつい先日、円形脱毛症(重度)で悩まれているお客様のヘアスタイルや隠し方のご相談、ウィッグのカットをさせて頂いたばかりです。

お話を聞くと、やはり「人の目がとにかく気になる」と言われていて相当ストレスを抱えられているご様子でした。

 

女性に最も多い脱毛症の種類

女性に最も多い脱毛症がこの3つの症状です。

女性の男性型脱毛症には近い症状で、女性型脱毛症瀰漫性脱毛症もあるので、良ければ一緒に確認してください。

 

女性が脱毛症に悩んだ時の症状に適した対策

基本的にベストな判断は専門医やクリニックに行ってみてもらう事が大切です。

美容師さんよりも皮膚科の先生に診てもらうようにして下さい。(頭皮や育毛に関しては美容師よりも専門医の方がしっかりとした対策や治療ができます。)

しかし、「いくほどでもないな~・・・」と感じていたり、様々な理由があっていけない場合もあると思います。

そんな時には下記にある対策を選択の一つとして考えてください。

  • 女性型脱毛症
    生活習慣を整える事とケアアイテム(育毛剤)等の活用
  • 産後脱毛症
    生活習慣を整えストレスを溜めこまないようにする事
  • 円形脱毛症
    初めてなら、即、皮膚科の先生に診てもらう事
    二度目ならストレスを溜めこまないようにして生活習慣を整える事

女性型脱毛症の場合は生活習慣を整えたり、頭皮のケアをしてあげる事が対策になります。

男性と違いフィナステリド(内服タイプの育毛剤)は使う事が出来ないので、外部からの働き掛けになります。生活習慣を整えてシャンプー等も気を配る事により改善されたお客様もいらっしゃいます。

産後脱毛症の場合は、殆どのケースが忘れたころに自然と治ります。妊娠するとホルモンの分泌が増えて髪の毛が一時的に増えて抜けにくくなります。しかし、出産を終えるとホルモンバランスが崩れ(元に戻り)、妊娠中に抜けなかった毛が一度にガンガン抜けていきます。

その結果、「ヤバい・・・ハゲる・・・」と危険を感じてご相談を頂きます。ですが、ホルモンが元に戻りヘアサイクルも元に戻れば6ヶ月~1年ほどの期間でほぼほぼ元に戻ります。

ご相談を下さったお客様に、「産後の抜け毛の状態どうなりましたか?」と聞くと、「あ、そういえば相談しましたね(笑)」と言う感じで忘れられている方も多くいるくらいです。一安心ですね。

円形脱毛症の場合ですが、初めての場合は皮膚科に行ってみてもらう事が大切です。ほとんどのケースが円形に抜ける10円ハゲと言われているケースですが、重度になると円形脱毛が数個以上できたり前頭抜けてしまう場合もあります。

初めての場合はできるだけ早く皮膚科で確認してもらう事が重要です。

二度目なら様子を見ながら対策を取ってください。私のお客様で慢性的に円形脱毛症とお付き合いをされている方がいますが、もう再発しても医者に行かないそうです。

「半年もあればボチボチなおるんで~」と言われていたので、円形脱毛と上手にお付き合いをされている印象を受けました。

  • 脱毛が起きてもあわてずに対策を!
  • 心配なら早めに予防を!

美容師としてアドバイスさせて頂く事はこの2つです。

慌てずに対策をして、脱毛の進行を食い止めましょう。専門医や詳しい人に話を聞くだけでもいいと思います。

考える余裕があれば予防がお勧めです。予防は最大の防御になります。

脱毛が始まってもあわてずに対策を取りましょう。慌てても毛は生えません。もしその傾向がみられている段階で気になるようになったらすぐにでも予防をお勧めいたします。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

脱毛症の種類と症状 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ