短髪のシャンプー方法・間違った洗髪やシャンプーは抜け毛や薄毛を加速させる

短髪のシャンプー方法・間違った洗髪やシャンプーは抜け毛や薄毛を加速させる

女性と比べると男性はとくにヘアケアがずさんになりがちです。

私も美容業に入ってからヘアケアに対して、「ちゃんとやらなければ」という意識がでてきました。

もし育毛対策をしっかりとやるのでしたら、間違ったヘアケア、特にシャンプーなどはしっかりとしたやり方を知っておくべきです。

間違ったシャンプー方法は抜け毛や薄毛を加速させる可能性がありますので一度正しいやり方を確認してください。

ここにまとめてあるシャンプー方法は、薄毛の原因にならない様にする為のやり方です。

 

シャンプーの前に必ず髪を濡らして湯洗する

いきなりシャンプーを髪につけるのではなく、最初にお湯でしっかりと濡らし、お湯で出来る限り洗ってください。

シャンプーなどを使わなくても80%の汚れはお湯荒いで落とすことができます。シャンプーの量を減らすためにも必ずお湯で洗うようにして流してください。

 

シャンプーは少量で直接頭皮や髪ににつけない

髪をしっかりとお湯洗いしたらシャンプー剤を少量とり洗います。ここで注意したい事は、シャンプーのポンプの1プッシュもいりません。

人によっては2プッシュ、3プッシュとリズムよく出してしまう人もいるかと思いますが、殆どの汚れはお湯洗いで落ちるので、シャンプー剤はほんの少しで十分です。

さらに、シャンプーを手にとっても、それを直接髪や頭皮につけないでください。

まず、手に少量出したら、手にある水分で良く泡立てます。良く泡立ったらその泡を付けて頭を洗ってください。

髪にシャンプーを直接つけて髪で泡立てる人もいますが、シャンプーの時間が必要以上に長くなってしまったり、シャンプーの量が足りなくて足すはめになるのでお勧めしません。

必ず手で泡立てるようにしてください。シャンプーボールといった泡立てスポンジを使う方法でも問題ありません。

 

爪は立てない、髪も引っ張らない、マッサージ洗い

男性の場合、”力を入れて強くしっかりと洗う=正しい洗い方”と認識している人がいるようですが、頭皮の事を考えるとそれはNGです。

爪を立てずに指先で優しくあらいます。こするよりも揉んで洗った方が不用意に髪の毛を引っ張らないので安全です。

 

洗髪時間はできるだけ短く、素早く丁寧に

洗髪時間はできるだけ短くして下さい。素早く優しく丁寧に。

シャンプーは洗剤なので肌にいい物ではありません。低刺激の物でも刺激は必ずあります。頭皮は痛点が低いので痛みなどは感じませんが、長時間つけておけば肌に炎症がおきます。

長く洗うよりも短い時間で素早く洗う事を心がけてください。

 

すすぎは1分~2分以上かけてしっかりと行う

すすぎはしっかりと丁寧に洗います。シャンプーが頭皮や毛穴に残らない様に、時間がかかってもいいのでしっかりと洗い流してください。

シャンプーが頭皮に残ってしまうと、荒れて乾性や脂性のフケにつながる恐れがあります。

 

1回のシャンプーで十分!2度洗いはいらない。

短髪で、スタイリング剤などあまり使用されていなければシャンプーは1回で十分です。

洗いすぎ頭皮の油を抜こそぎ取ってしまう人は、皮脂の過剰分泌に繋がるおそれもあります。1回で十分になるようにシャンプー前のお湯洗いを丁寧に行いましょう。

 

トリートメントやリンスは不要

短髪で、カラーもパーマもしていなければ、トリートメントやリンスは通常は必要ありません。

美容室で頭皮ケア用のトリートメント等購入したら使ってもいいですが、市販で販売されている安価なトリートメントでしたら、髪のケアよりも頭皮に残ることを防ぎたいので、不要として考えてください。

トリートメントが必要かどうかは担当してもらっている美容師さんや理容師さんに聞いてもいいかもしれませんね。

私が美容室でアドバイスしているのは、短髪で頭皮に敏感な人には使わなくても大丈夫とお伝えしています。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄毛やハゲにつながる原因と理由 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ