オフィス仕事で長時間のワークライフは薄毛を加速させる!

オフィス仕事で長時間のワークライフは薄毛を加速させる!

”仕事=ストレス=薄毛への発展”

薄毛に悩んでいる人や、抜け毛が気になるようになってきた人は、仕事で過度なストレスを抱えている人が多いです。

実際にストレスは薄毛を加速させてしまう理由を以前書かせて頂きました。

今回の記事ではオフィスワークによる薄毛に繋がる原因や理由を記載していきます。

ストレスとは別に、オフィスワークはどうして頭皮や髪に悪いのか?という視点です。

 

オフィス仕事で心配な頭皮への悪影響

ここで上げていく事は薄毛の直接的な原因にならずとも、不安要素として考えています。

単体で見たら小さなことかもしれませんが、一つ一つが積み重なって薄毛問題へと発展するので注意が必要です。

 

夏・冬の気密性

真夏の暑い時期や、冬場の寒い時期、窓を閉め切って冷房や暖房をガンガン使うオフィスもあるのではないでしょうか?

そんな時に気になるのが気密性の上昇です。

定期的に換気をして窓を開け閉めできればいいのですが、夏冬はなかなかそうもいかないですよね?

気密性を良くする為に空調の装置を動かしていても、空調自体が定期的にメンテナンスをされて清潔な状態を保てているか?と考えると、不安要素が上がると思います。

気密性が高く空調システムのメンテナンスができていないと、埃が部屋に待っていたり、目には見えないカビの胞子が空気中に飛び散ります。

女性が使っている化粧品などの化学物質も粒子となって空気中に蔓延している事が考えられます。

 

建物の素材からくる心理的な負荷やマイナス作用

殆どのオフィスが鉄筋のコンクリートでできていると思いますが、コンクリートでできている建物は、心理的なネガティブ思考をもたらしやすいそうです。

実際に学校の建物で調査をされたデーターがあるのですが、木造校舎と鉄筋コンクリートの校舎では、木造校舎の方が安心感があるそうです。鉄筋コンクリートの校舎では不安に思うなんらかの傾向があるそうです。

建物が作られている材質でも、人体に与える圧迫感が変わってきます。

 

材質からくる温度低下

うちっぱなしのコンクリートで作られている建物の場合は、むき出しになっているコンクリートが体温を低下させてしまいます。

冷えは筋肉を硬質かさせて血管を委縮させます。毛細血管から栄養をとる髪の毛は血行不良につながる原因として上げられます。

 

オフィスワークでは目には見えないけど確実に人体にマイナスに働く要素が数多く蔓延しています。

だからと言ってすぐに対処できることではありませんが、残業を減らしたり、働く時間を短くする為のできる工夫をすることが頭皮には良い傾向にあると言えます。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄毛やハゲにつながる原因と理由 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ