薄毛やハゲは誰でもなりうる可能性がある

薄毛やハゲは誰でもなりうる可能性がある

髪が多くフサフサなうちは、「私は大丈夫だよ」と考えている人は多いと思います。

実際に私の回りでも「大丈夫だよ~」と言っていた人が、最近になって相談をしに来てくれる事が多いです。

ここでハッキリと言っておきますが、薄毛やハゲは誰でもなりうる可能性がある病気だと私は考えています。

病気と言っても、死につながるようなものではありません。しかし薄毛が原因で社会で伸び伸びと活動できないのでしたら、それはある意味、個性の死ともいえるのではないでしょうか?

来るべき時が来る前に、薄毛になる原因をしっかりと把握して置く事が絶対に大切です。

 

薄毛の根本的な原因とメカニズム

薄毛やハゲにつながる原因と理由でもまとめてありますが、薄毛の原因はヘアサイクルが乱れて成長期が短くなってくることが全ての原因です。

thinhaircause成長期が短くなる原因や誘因は色々ありますが、生活習慣の問題や食生活の問題、ストレスや病気、遺伝などがあげられます。

まさに、薄毛やハゲは誰でもなりうる可能性があると言えるでしょう。

 

成長期が短くなって薄毛に繋がる男性と女性の原因

病気やストレスを覗いた場合だと、男性と女性が薄毛になる一番よくある原因が、男性型脱毛症(AGA)です。

加齢とともに男性ホルモンが増加して、毛根にある5αリダクターゼという酵素と結びついた悪性男性ホルモンが作用して、ヘアサイクルの成長期を短くしていきます。

男性ホルモンは男性だけではなく女性の薄毛問題にも大きく影響しています。男性ホルモンは女性にもあるの?と思われる方もいるかもしれませんが、少量ながらあります。

加齢とともに女性ホルモンが減っていき、男性ホルモンが優位になった時に髪の脱毛が進行していきます。

 

あなたは大丈夫!と言いきれる人は一人もいない

髪が薄くなる前は、髪が多少抜けたところで気にする人は殆どいません。

特に両親がフサフサで、薄毛になる予兆など一切感じられない環境に身を置いていたらなおさらそう思ってしまうでしょう。

しかし、「あなたは大丈夫!」と言いきれる人は一人もいません。

必ず薄くなる原因や要因を1つは持っています。そのたった1つで薄毛が発症して進行していく人もいますし、様々な要因が積み重なってハゲてしまう人もいます。

ここで逃げることなく受け止めて頂きたいのは、「必ず誰しもハゲる可能性を持っている」と言う事です。

ハゲるかハゲないかは、あなたのお手入れ次第と言えるでしょう。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄毛やハゲにつながる原因と理由 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ