男性型脱毛症(AGA)のスイッチが入る原因とタイミングは?

男性型脱毛症(AGA)のスイッチが入る原因とタイミングは?

男性型脱毛症(AGA)の発症と進行が確認できると、AGAのスイッチが入るという表現をします。

AGAはスイッチがはいって一度発症がスタートすると、対策をしない限り進行し続けます。

進行の仕方が遅いか早いかは個人差がでますが、最初はちょっと少なくなったかな?程度でも、徐々に範囲が広がっていきます。

進行が確認できた時から対策をするのが防ぐ為の唯一の方法です。

しかし、いつから発症するのか?どのタイミングでスイッチが入るのか?なかなか分かる事ではありません。

そこで、AGAが発症し、スイッチが入る原因とタイミングについて、考えられるポイントをまとめていきたいと思います。

 

AGAのスイッチが入る原因とタイミング

原因は、男性ホルモンの一種テストステロンが毛根にある酵素(5αリダクターゼ)と結合して、ジヒドロテストステロン(DHT・悪性男性ホルモン)に変化をするのが原因です。

DHTがアンドロゲンレセプター(受容体)にくっつき結合することにより発症していきます。

さらに詳しい発症メカニズムについては、男性型脱毛症(AGA)の原因について詳しく記載しています。

 

 スイッチが入るタイミングはいつか?

スイッチが入るタイミングは、一般的に20歳前後と言われています。丁度成人を迎えるころですね。早い人では10代後半~スイッチが入り進行が進んでいく人もいるようです。

私が美容室でお客様にお話しをする時は、「胸毛や髭が濃くなってきたら気にかけるといいですよ」とお話をさせて頂いています。

胸毛や髭が濃くなるのも、DHTの作用が原因です。DHTは頭部(頭頂部・前頭部)は薄くし、その他体毛は濃くする作用があります。濃くするのと薄くするのとでは作用が反対ですが、作用前の原因は同じ事が起きています

髭や胸毛と、頭部の作用の違いについては以前記事にしましたので読んでみてください。

メカニズム的なスイッチが入るタイミングで説明すると、アンドロゲンレセプター(受容体)にくっついた後、細胞核内にある標的遺伝子プロモーターに結合して、毛髪の成長抑制の作用を起こしている時です。

この時に頭部の成長抑制因子を出しているので、このタイミングで抑制作用(薄毛の進行)が進んでいます。

 

入ったスイッチを解除する為には?

一度AGAのスイッチが入ると、それがOFFになる事は基本的にありません。
対策をしない限り、いずれハゲになります。

有効な手段としては、フィナステリドが入っている飲み薬(プロペシア等)を服用することです。
しかし、フィナステリドを飲むと様々な副作用があるので安易な服用はお勧めしません。

当サイトでは、育毛剤を使った対策方法と改善事例も提案しているので、そちらの対策からスタートすることをお勧めしています。

上記の改善までの必須カリキュラムを実践して、210日間でかなり改善することができた事例も紹介しています。

改善事例で解説させていただいているのは、O字型ハゲと言われている頭頂部のつむじ周辺の薄毛です。
他にもフロントからM字型に後退していくケースもあります。

対策方法は変わらないので、部位に関係なく参考にしてみてください。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄毛やハゲにつながる原因と理由 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ