抜け毛に繋がる内臓の病気と原因

抜け毛に繋がる内臓の病気と原因

体の不調やトラブル、様々な病気から抜け毛に繋がるケースもとても多いです。

抜け毛と内臓についてあまり関連性があるように感じられない人の方が多いかもしれませんが、実はかなり関連性がたかく、抜け毛が目立つようだと内臓疾患の疑いがあるかもしれないと考えられています。

 

抜け毛は内臓の不調を教えてくれるサイン

髪の毛をキレイな状態で保つためには、体の内側から健康でいるのが非常に重要です。

もし、内臓器官でなんらかの異常があると、体には様々な症状がサインとして現れてきます。

肌荒れや、発熱、だるさ、疲れが取れにくい、立ちくらみ、様々な症状が現れますが、抜け毛もその内の一つとして考えられます。

抜け毛というと非常に特殊なケースを考える人が多いようですが、ちょっとしたことで肌が荒れてしまうように、髪の毛も抜けてしまう時があります。

髪の毛は健康的な血液の巡り、ホルモンバランス、甲状腺、などの全ての状態が万全でないと健康的に生えて伸びていきません。

1つでも崩れると症状として頭皮や髪の毛にすぐに出てきます。

 

内臓不調と抜け毛の繋がり

体を健康に保つために内臓は休むことなく働いています。一つ一つの臓器が絶妙なバランスで働いてくれているのですが、体調不良を感じバランスが崩れると、体は不調部分の修復を行おうとします。

その時に、体のエネルギーの分配や、新陳代謝など優先順位が治癒になる為、髪や肌など生命維持になんら支障のない部位は後回しになってしまいます。

これが内臓疾患で髪が抜けてしまうメカニズムの考え方です。

 

髪も健康も全ては内側(内臓)から!

極論ですが、健康的な髪を生やしていく為には、内側から整えていかなければいけません。

抜け毛や薄毛が気になると、安易に育毛剤に走ってしまいがちです。

確かに、男性ホルモンの分泌量が増加した時に起きる男性型脱毛症等は、育毛剤などを服用すれば対処できる可能性は非常に高いです。

しかし、髪の毛のヘアサイクルが乱れれば、男性ホルモンの分泌量に関係なく、髪の毛は細く少なくなっていきます。

特に女性の薄毛の原因は、ホルモンよりも生活習慣やダイエットに原因があるケースも多いです。

髪の毛を健康的に保つためには、体の健康が必須です。体が不調なのに髪が健康であるというのはあり得ません。

基本的な事を見失わない様に、育毛対策の一つとして体の健康つくりも意識していきたいですね。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄毛やハゲにつながる原因と理由 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ