妊娠中の妊婦さんの抜け毛の原因

妊娠中の妊婦さんの抜け毛の原因

妊娠中に髪の毛が抜けて、「このままいけばハゲるんじゃないか?」っていうくらい、抜け毛を感じている方もいるようです。

そんな妊娠中の抜け毛についての原因を詳しく記載していきます。

 

本来だったら妊娠中は髪が抜けにくくなる

実は、妊娠中の抜け毛は、本来だったら抜けにくくなるのが一般的です。

これは妊娠により女性ホルモンが増えて、ヘアサイクルの成長期間が一時的に伸びている事が原因です。

成長期間については下記を読んでみてください。

女性ホルモンの作用で成長期間がのびて、本来抜けるはずの髪の毛が抜けずに残るので、妊娠中は髪の毛が多くなっていく方が、一般的な反応と言えるでしょう。

 

じゃあ妊娠中になんで抜けるのか?

妊娠中の抜け毛の原因は、栄養失調とストレスにあります。

つわりがひどくて、ご飯をまともに食べる事が出来ずに栄養失調になっているケースや、妊娠中のイライラや不安がストレスに繋がっているケースが、抜け毛を増やしている原因と言えるでしょう。

妊娠中じゃなくても、栄養バランスを崩すようなダイエットをしていれば髪は抜けていきます。

ストレスも同じです。イライラや不安は抜け毛を増加させます。

多くの人が思っているよりも髪はデリケートで、簡単に抜けたり細くなったりします。

妊娠中のつわりやストレスは抜け毛の原因を増加させる大きな要因と言えるでしょう。

 

妊娠中の抜け毛を防ぐには?

妊娠中の抜け毛を防ぐには、栄養をしっかりと取る事と、リラックスできる時間や空間を見つける事が一番の対策になります。

つわりがひどくて食事が思うように取れないときは、栄養ドリンクや酵素ドリンクなどを活用して、栄養補助をしてあげるといいでしょう。

ストレスも簡単になくすことはできませんが、少しでもリラックスできる空間や時間を見つけたり、質の高い睡眠をとれるような工夫をしていく事が大切です。

 

妊娠中より産後の脱毛の方が怖い・・・

最初に述べたように、妊娠中は女性ホルモンの増加で髪は抜けにくくなります。

抜け毛の本当の恐怖は、妊娠中より出産後にあります。

産後は女性ホルモンの増加で抜けなかった髪の毛が、まとめて一気に抜けていきます。女性ホルモンの分泌量が元に戻り、伸びていたヘアサイクルの成長期も短くなります。こればかりは防ぎようがありません。

なので、産後の脱毛症で髪の毛が抜けて薄くなったと感じる人が非常に多いのです。

 

基本的には元に戻るので安心してください。

とは言っても、基本的に元に戻ります。

妊娠中の脱毛も、産後の脱毛も、殆どが一次的なケースで基本的に元に戻ります。

美容室で働いていると、出産後の女性から決まって抜け毛のご相談を頂きます。

その時はしっかりと相談に乗ったりアドバイスをさせて頂くのですが、次回ご来店される頃には、お客様自身が相談した事すら忘れてしまっている時が多いです(笑)

「以前の抜け毛はその後どうでしたか?」と質問すると、「そういえばそんなことありましたね、すっかり忘れていました」と言ってくださるやり取りが、決まったかのように繰り返されています。

基本的に毛量は殆どのケースで元に戻るので、安心してください。

産後の脱毛に関しては下記にまとめてありますので一緒に読んでください。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter

薄毛やハゲにつながる原因と理由 トップに戻る

お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



コメントを残す

このページの先頭へ