「薄げ(抜け毛)の予防でハゲを防ぐ方法」の記事一覧

「薄げ(抜け毛)の予防でハゲを防ぐ方法」の記事一覧



育毛予防中に石鹸で髪を洗うのは効果があるのか?

「石鹸で洗うのが頭皮には一番良い」。 こんなことを聞いた事がないでしょうか? 以前私が、修業時代に勤めていたサロンでは、「石鹸で洗うのが一番良い」と言う事を根底に持ったオーナーの元で修業をしていました。 当時は、それが、「そうなんだ・・・勉強になるな・・・」とそのまま受け入れてしまっていました。 今

美容師が進めるシャンプー・薄毛予防のためのシャンプー選びに迷ったら弱酸性か頭皮用の物!

スーパーやドラッグストアや、コンビニ、等、 様々な所でシャンプーが販売されています。 その数の多さときたらもう・・・「選べるか!!!!!」と突込みを入れてしまいたくなる人は多くなるのではないでしょうか? 余りの多さに迷い、ポップで目立つものや宣伝で見かけたことがある、”なじみ”がある商品を選びがちに

頭皮用シャンプーや薬用シャンプーを使いだすタイミングは?

抜け毛や薄毛で悩む年齢や時期は人それぞれ全く違います。 早ければ20代前から悩みますし、遅ければ40代から悩んでしまう人もいます。 多くの方にアドバイスを求めて頂く事の一つですが、「育毛用のシャンプーっていつから使えばいいですか?もう使った方がいいですか?」と言う事を聞かれます。 シャンプーに限った

薄毛進行の判断方法・両親と祖父母が薄毛でなくても油断はしない

「両親も祖父母も髪がフサフサなので、私(僕)も薄くならないですよね?」 こんなご質問を頂きました。 以前も美容室に来て頂いているお客様からもご質問頂きましたが、「自分はこういう状態だから大丈夫ですよね?」という、安心感を求めるようなご質問は度々頂きます。 不安にさせてしまうかもしれませんが、家系に薄

抜け毛の本数はどこまでが許容範囲か?ボーダーラインは1日何本まで?!

育毛予防や対策を始めている人にとって、毎日の抜け毛チェックが習慣になっている人は少なくありません。 私も、改善事例で紹介している弟の抜け毛の本数を定期的にチェックをするようにして、今行っている育毛対策の効果を必ず数値化するようにしています。 そこで気になるのが、「一日何本までなら抜けても大丈夫なのだ

1日2回のシャンプーは洗いすぎ!1回で十分!

夜に髪を洗って、朝起きたら朝シャンでまたシャンプーをする人がいます。 が、ちょっと注意が必要です。 たしかに、夜に髪を洗っていても、寝ている間に汗をかきます。 皮脂の分泌量も多いので、朝には頭皮がベタ付くようになったり匂いが気になるかもしれません。 だからといって、夜も洗って、また朝も洗う。それでま

髪が抜けるのが怖くてシャンプーができない。するとどうなるか?

育毛予防をしていると、髪が抜ける事に敏感になる方も多いと思います。 私のお客様でも、「髪が抜けるのがとにかく気になるんです・・・」と、繊細になっている方もいらっしゃいます。 シャンプー後に排水溝に溜まった抜け毛のチェック 髪をとかしている時にクシについた抜け毛のチェック 寝て起きた後の枕についた抜け

シャンプーの時は指のどこを使うのが頭皮に負担が少ないか?

「シャンプーをするときは、爪を立てないで洗ってくださいね~」 頭皮ケアを意識していると、こんなアドバイスを通っているサロンで言われる人も少なくはないと思います。 それと同時に、「では指のどこの部分で洗えばいいのか?」と思う人もいるのではないでしょうか? 今回の記事では、頭皮ケアを意識したシャンプー時

育毛予防の為に制限したい食品と栄養素

「育毛予防の為に取りたい髪に良い食品と栄養分」で、髪にプラスになる食品と栄養素をまとめました。 今回は、髪の為にはなるべく制限していった方が良い食品と栄養素をまとめていきます。 ここに上げる食品は、必ずしも髪にとってマイナスに働くわけではありません。 しかし、毎日のように摂取していくと、体にとって負

髪と食事の関係・育毛予防の為に取りたい髪に良い食品と栄養分

抜け毛予防や育毛対策というと、シャンプーや育毛剤ばかりに目が行きがちです。 しかし、髪は私たちの健康状態に左右されます。体が健康状態になければ、髪の成長に影響がでますし、抜け毛の本数も増えてしまいます。 それを避けるためには、食生活を見直して、偏った食生活をなくすことが大切です。 健康的なヘアサイク

フケ対策と予防で髪は太く丈夫になる

フケが出てくると頭皮トラブルが発生している証拠。 誰でも多少のフケは必ずでますが、いつもより増えてきたら注意が必要です。 体調トラブル 頭皮の異常 フケの発生 抜け毛が発生 1~4の順番で体調トラブルから抜け毛の発生まで進みます。フケが出るころには既に異常状態にあり、何らかの形で抜け毛が増えている段

シャンプー後の頭皮ケアで薄毛予防!育毛剤と正しいマッサージ知識

薄毛、抜け毛予防で育毛剤を使うようになる男性は増えていっています。 美容室にご来店いただくお客様を見ていると、年齢的に25歳前後から活用される方が多いようです。 25歳ともなると、社会人として働いていたら仕事も覚えてきて会社でも活躍できるようになってくる年頃です。 しかし、それとは別にストレスもたま

シャンプーの目的・頭皮をキレイにしてマッサージをすることで状態を整える

人によってシャンプーの目的は様々あると思います。 目的に合ったシャンプーを選択しなければいけないなか、使用しているシャンプーと目的があっていない方が多いようです。 当ブログは、育毛をテーマに発信をさせて頂いているので、今回は、育毛や抜け毛予防を目的とした時に、最も重要視しておきたいシャンプーの目的を

リンスとトリートメントの違い・育毛予防の為にはどっちが正しい?

「リンスとトリートメントはどう違うんですか?」といったご質問をよくいただきます。 リンスとは「すすぐ」を意味していて、お湯や水で頭皮や頭髪に付着しているシャンプーや汚れをすすぎ流すことを指しています。 それに対して、トリートメントは、「手当て」といった意味合いを含んでいます。 多くの方がトリートメン

抜け毛予防のシャンプーの選び方基準・市販のキャッチコピーやCMに惑わされない様に!

抜け毛を予防するためには、シャンプー選びも大切なポイントです。 ここでは、選び方のポイントや基準となる考え方をまとめておきます。 私が働いている美容室にご来店頂くお客様には、皆様に納得いくシャンプーを選んでいただくようにアドバイスしています。 使用されているシャンプーのお話をしていると、「なんとなく

正しいシャンプーの洗い方・抜け毛が起きない予防になる洗髪方法

育毛対策中や予防中には、正しいシャンプーは必要不可欠です。 育毛に興味が無くても正しいシャンプー方法を覚えていると、シャンプーで抜け毛になる状態を防げるので、損はありません。 健康で美しい髪の状態を維持する為にも、美容室にご来店頂くお客様には、必ず正しいシャンプー方法をレクチャーさせて頂いています。

シャンプー前に頭皮にオイルやお湯でクレンジングをして抜け毛予防をする

シャンプーをすれば頭皮の表面に付着している皮脂や汚れ、スタイリング剤などは落とす事ができます。 しかし、毛穴の中に詰まっている皮脂はなかなかキレイに落とす事はできません。 毛穴が汚れで詰まっている状態を安易に考えてしまう人は多いようですが、毛穴が詰まった状態でいると、汚れが酸化して皮膚に悪影響が。

抜け毛を防ぐ理想のシャンプーの回数は?頭皮の状態に合わせて判断する

頭皮の清潔状態に敏感になり、1日に何度もシャンプーをすることが習慣となる人がいるようです。 脂っぽく感じる・・・ 頭皮が少し臭う気がする・・・ フケが気になる・・・ シャンプーの回数が過剰な人は、匂いや脂に敏感で、少しでも気になったらすぐにシャンプーをしてしまうそうです。シャンプーの回数が多い人は1

猫背は肩こりを招き薄毛に繋がる?抜け毛予防の為に姿勢を正す

薄毛や抜け毛で悩む人の共通点の一つとして、”姿勢が悪い”という事が挙げられます。 姿勢が悪くなると、血液の巡りが悪くなり頭皮に十分な栄養が行き渡らなくなるからです。 どのような姿勢かと言うと、常に前傾姿勢で背中が丸くなり、猫背のような姿です。   猫背は肩こりを招き筋肉疲労と血流低下の原因

抜け毛を減らして薄毛ハゲを防ぐ昼寝の効果効用

本来人間は1日に2回寝る生き物だと言われています。このことを二相性睡眠といいます。 午後になると、一時的に眠くなるような経験をだれしもがされていると思います。これは食事をした後の消化作用の為に、血液が消化器官に優先的に送られるため、脳の思考力が低下するからと言われています。 ですが、そもそも生理学的

薄毛予防のための睡眠知識・睡眠不足が招く髪と体への悪影響

仕事が忙しかったりすると、ついつい睡眠不足になりがちです。 しかし、睡眠は体の休息だけではなく「メンテナンス」の役割があります。睡眠不足が続くと、体の調子が悪くなり、あちこちに不調箇所が出てきます。 これは、睡眠不足からくる体のトラブルです。   薄毛にとっての睡眠不足は何がいけないのか?

ハゲ薄毛予防の為に1日2食の生活で体質改善を!

ハゲ、薄毛予防の為に食生活を見直し、肥満体質を改善するのは非常に効果的であると感じています。 以前も、肥満と薄毛の関係について記事にしていきました、薄毛で悩む人は肥満状態の人が多いようです。 薄毛やハゲる原因が食生活にもある理由。暴飲暴食で太っている人は多い! 肥満状態を改善する為に食生活を見直した

薄毛予防の為に3ヵ月に1習慣を身に付ける!最初から全てを同時にやろうと思わない事!

「薄毛の予防や対策をしたいんです」。 美容師である私は、お客様からこういったアドバイスを求めて頂きます。 正直、できるアドバイスと言ったら細かい物をいれればいくらでもあります。もちろん取り入れることによって予防的な効果も期待できるものばかりです。 しかし、アドバイスさせて頂いても殆どの人が習慣化させ

薄毛やハゲ予防の為にも仕事を一番の優先事項から外す

仕事がもたらす影響は、良い物もあれば悪い物もあります。 薄毛で悩む人々の場合、仕事が与える人体(髪)への影響は、薄毛や抜け毛の進行を加速させるケースが多いようです。 生きていくうえでお金はなくてはなりません。しかし、仕事オンリーの思考になってしまうと育毛対策も予防も実践することが困難になります。 &

育毛や薄毛予防の為に気を付けたい生活習慣ベスト5を現役美容師が語ります!

抜け毛は遺伝だけで起きるのではなく、「遺伝」と「悪しき生活習慣」が合わさり脱毛に繋がります。 例えば、同じ遺伝を受け継いだ状態で、バランスが良い食生活を送っている人と、肉類に偏った食生活を送っている人とでは、「肉類」の食事に偏っている方が脱毛しやすい体質になります。 「脱毛しやすい体質」+「髪に悪い

毛根から髪の健康状態を確認して脱毛を防ぐ!毛根のチェックポイント!

髪は毎日少しずつ伸びて、新しい髪と古い髪の毛が徐々に生え変わっていきます。 抜ける本数が1日70本~100本程度でしたら、ヘアサイクルの周期で生え変わっている通常の症状です。しかし、100本以上抜ける日が続いていくと、注意が必要です。 脱毛で悩んでいる人の抜け毛の本数は、1日200本以上抜けます。5

皮脂が薄毛を防ぐために果たす役割と適切な分泌量

皮脂というと汚い物や害のあるものと言う認識が広まっているのか、女性だけではなく男性までも顔や頭皮の皮脂に敏感になりがちです。 しかし、皮膚にとって皮脂は必要な物で重要な役割を果たしています。なので、不用意に摂りすぎるのではなく、役割を理解して適切な皮脂量を調整していく事が大切です。   皮

髪の健康度の確認は頭皮のツボの状態と髪が抜ける時に確認ができる

髪と頭皮の健康状態として、フケやかゆみで判断する事について以前まとめさせて頂きました。 フケやかゆみが無ければ、頭皮が健康な状態と言えます。 それ以外にも頭皮の状態を確認する方法として、頭皮のツボを押すやり方があります。今回は頭皮のツボを強く押して判断する確認方法をご紹介です。 フケやかゆみを感じる

白髪と抜け毛の関連性・生えてきたら抜いた方が予防になるの?

白髪に関連する噂や、都市伝説ともいえる迷信の数々を聞いた事があります。 美容室で働いていると、 「白髪って抜いた方がいいんですよね?」 「白髪の人って薄くならないんですよね?」 といったご質問を頂きます。 こういった認識をされている方が多いようですが、実際に白髪と薄毛の関連性は、今の所一切ありません

ワカメは薄毛や抜け毛の予防になる?海藻類の迷信と真実は?

ワカメや海藻類は、薄毛予防にもなって髪にも良いという事を聞いた事があると思います。この都市伝説とも考えられる噂ですが、実際に信じている人も非常に多いようです。 薄毛で悩む人が、ワカメを積極的に食べているケースもあるようです。しかし、実際に所は、発毛とは何の関連性もないと考えられています。 &nbsp

ドライヤーを使わないとハゲるのか?ドライヤーの熱風は髪や頭皮に良くない?

ドライヤーが与える様々な影響説が、インターネットでも飛びかっています。ですが、肝心の洗髪後はいったいどうしたらいいのか?の答えにたどり着けない方は多いのではないでしょうか? 「ドライヤーを使わないとハゲる」。 「ドライヤーの熱風が髪や頭皮に良くない」。 使わないとハゲるという人もいれば、使う事が頭皮

ノンシリコンシャンプーの効果と特徴・薄毛や抜け毛を予防する為に

ここ最近になって、CMや雑誌等のシャンプーの宣伝で「ノンシリコン」という言葉が目立つと思います。 ノンシリコンという言葉が飛び交っているので、特徴や効果もしっかりとわからずに、「なんとなくいい物でそれじゃなければいけない」と言う風に認知している方も多くいるようです。 美容室でお客様から頂くご質問でも

スカルプシャンプーの効果と特徴・薄毛や抜け毛を予防する為に

頭皮に合わせた様々なシャンプーがメーカーから販売されています。 頭皮用のシャンプーとして作られた一つがスカルプシャンプーですが、「スカルプ」とは「人間の頭皮」という意味の事です。 なぜスカルプシャンプーという名前の商品が出たかを、シャンプーの特徴や効果と一緒に解説いたします。   殆どのシ

髪や頭皮に悪影響を与えないヘアスタイルの楽しむポイント

男女問わず、様々なヘアースタイルを楽しむ方が増えてきています。 美容師をしているので分かりますが、美を作る為や、個性を主張する為に、パーマやカラー等で様々なスタイルを提供させて頂いています。 しかし、過度なパーマやカラーリングは髪と頭皮に負担がかかり、場合によっては脱毛の危険性もあります。そうならな

有酸素運動は髪にも良い!程よいウォーキングで抜け毛やハゲを防ぐ!

薄くなっていく人の共通点の一つとして、仕事に追われてしまい運動する事から離れてしまっている人が多いようです。 運動不足は、体全体の機能を低下させてしまいます。特に内臓や心肺機能が低下していけば血行不良が起きて新陳代謝が乱れます。髪の毛へも悪い影響が出てきます。 実際に私も薄毛予防の為に、歩くようにし

石油合成系シャンプーは頭皮のダメージに?抜け毛の予防の為に避けるべき!

髪と頭皮をきれいに保ち、抜け毛を予防する為にも、毎日のシャンプーとコンディショナーが大切です。 頭皮や髪には、24時間常に露出されている部分なので、汗や皮脂、ホコリやゴミや花粉などの汚れが溜まり、そのままにしておくと、頭皮が炎症を起こし抜け毛につながります。 ただし、使うシャンプーはしっかりと配慮し

薄毛予防の為に白米よりも玄米を積極的に食べる

玄米は白米と比較しても非常に優れていて、「完全に近い食物」と言われているくらいの食物です。 優れた栄養素がたくさん詰まっているだけではなく、含まれている量も非常に多いです。 主な栄養素を上げるとこのような内容です。 胚芽の栄養素 粗タンパク質、粗脂肪、ビタミンA、B1、B2、B6、B12、ナイアシン

髪に良い食材・忙しくても薄毛対策の為に食事に気を配る

食事が不摂生になっても、すぐに体調に影響が出るわけではありません。 特に男性の場合は、忙しくなったりすると食生活が乱れてきます。 しかし、この状態が長く続いてくと、生活習慣病にかかったり、髪の毛へも影響が出るようになっていきます。 そんな忙しい時でも意識して摂取していきたい食材の紹介です。 &nbs

食生活の偏りをなくして薄毛対策をする事!

人間は元々、植物性の物を食べる事が自然だと言われています。 しかし、個々の好みに合わせた食事がとれる現代では、肉や魚等が多くなったり、ジャンクフードや加工食品が増えてきているのが現実です。 ですが、こういった偏りのある食事を続けていると、生活習慣病にかかったり、脱毛や薄毛を招く原因になります。 そう

髪の抜け毛や薄毛を予防する為の食生活のポイント

日本人の食生活は、戦後に厚生省が1日80グラム以上の動物性のタンパク質が必要とあげていたこともあり、魚や肉が多い食生活になっています。 タンパク質は髪の毛の構成する元となるアミノ酸です。だからといってタンパク質を多量に取ればいいわけではありません。 肉や魚を多量に摂りすぎてしまうと、消化不良を起こし

頭皮の血行促進を心がけ薄毛を予防するにはマッサージも効果的

体が血行不良になると、私たちの体は冷えていきますし、髪の毛は薄くなりやすくなります。 それは、髪の毛や体は血液から栄養が全身に運ばれるようになっているので、結構不=栄養不足に陥ると考えられているからです。 過剰なダイエットをして、栄養が不足したことから、髪の毛が細くなっていった人を何人も見てきました

髪を健康にする為には、体の健康を考えればよい

髪を健康にする為に色々と模索する人は多いと思いますが、髪の健康とは体の健康を目指せばいいので、難しく考える必要はありません。 食生活や生活習慣の過ごし方によって、体の健康が左右されるのと同じように、髪の毛の状態も左右されます。 例えば、アトピーやアレルギー、心臓病や痛風、糖尿病やガンなど、遺伝子的に

ライフスタイルや生活習慣の乱れで薄くハゲるのはもったいない!

男性でも女性でも髪が抜けて薄くなっていく最大の原因は、老化現象やホルモン分泌量の増加が主にあげられます。 しかし、それとは別に偏りある食生活や、薄毛の誘因となる生活習慣が積み重なり、脱毛現象を引き起こしている人もいます。 ここで私が述べたいのは、乱れたライフスタイルで薄毛になったりハゲたりするのは非

抜け毛が気になる前に対策をして薄毛やハゲを予防する事!

髪の成長と減少の比較イメージ

ハゲる前に予防や対策を心がけようとする選択は絶対に正解です。 ハゲで悩む多くの人の特徴が、フサフサな時は髪の毛や頭皮に良くない事を平気でしていて、いざ薄くなり出してから慌てて育毛剤をつけたりシャンプーを変えたりします。 髪はいったん抜け出して薄くなりだすと、その進行はなかなか止まりません。 ハゲてか

このページの先頭へ