薄毛対策・薄毛改善までの必須カリキュラム

薄毛対策・薄毛改善までの必須カリキュラム

 

210日間で目に見える薄毛効果が表れたのは、考えられる薄毛の原因一つ一つに、正しく対策をしていったからです。

本気で育毛対策を行うのでしたら、薄毛の原因に繋がる事を全て排除していきましょう。
そのうえで正しい育毛剤やサプリメントを使う事をお勧めしています。

ここでは、育毛対策に必要なカリキュラムと、それが必要な理由をご説明していきます。

 

ヘアサイクルが乱れる原因の全てが、薄毛に繋がる。

髪の脱毛サイクル

上記の画像は、髪の毛のヘアサイクルを説明している画像です。

髪は、
成長期⇒退行期⇒休止期と経て、最後に脱毛します。

正常な状態でしたら、成長期間は2年~6年あり、この間、髪はすくすくと伸びていきます。

しかし、成長期間が短くなってしまうと、数ヶ月~1年未満で退行期に移って脱毛します
成長期間が短くなると、育ちきる前に抜けるので、髪は細く短くなります。

 

  1. 様々な原因や要因で、成長期の期間が短くなる
  2. 長く太くなる前に成長期が終わり、退行期、休止期を迎え脱毛していく
  3. 次に生える髪も、さらに成長期が短くなり、前回よりも早く脱毛していく
  4. 生え変わる度にサイクルが短くなり続け、新しく生えた髪も数ヶ月で抜けるようになる
  5. やがて地肌が透けて見えるまで細く短くなり、ハゲたように見える

1~5の順番で、薄毛が進行していきます。

 

ここまで読んで頂ければわかると思いますが、ありとあらゆる薄毛の原因は成長期の短縮からおきます

育毛対策とは、成長期が短くなる原因を一つ一つ排除していく事。

育毛治療の事例・210日間”でも、一番最初にやった事は、成長期を短くしている原因を生活から排除するための生活に変えていったことです。

育毛剤やサプリメントをただ使うだけではなく、成長期を短縮する原因を排除していきましょう。
改善のポイントをまとめていきますので、育毛対策に必ず取り入れてください。

 

成長期間を短くする原因をなくす!すぐにできる3つの改善ポイント!

  • 過剰なストレス
  • 不規則な生活リズム
  • 乱れた食生活

薄毛が進行している人の共通点は上記の3つがあげられます。
成長期間が短くなる直接的な原因でもあります。可能な限り生活から排除するように心がけましょう。

 

過剰なストレス

薄毛になる人の共通点で、ストレスを溜めるだけ溜めて常に全身の力が入っている人が見受けられます。
思いっきり歯を食いしばることが癖になっていたり、言いようがない不安に怯えているような人もいます。

実際にストレスを溜め続けると、悪性のホルモン量が増えたり、全身が硬直して血流低下を引き起こします。
ストレスが心理状態や身体の状態に影響して、ヘアサイクルを短縮するきっかけに。

現代はストレス社会なんて言われています。

薄毛に悩んでいる方の相談を聞くと、それはそれはストレスを溜めこんでいる事が伝わってきます。

仕事や人間関係がある以上、生活から完全にストレスを無くす事はできないかもしれません。

しかし、ストレスをなくすことができなくても、解消することを心がけてください。
ガス抜きというやつです。

カラオケに行って歌ったり、ちょっとしたストレッチを心がけて運動で解消したり、誰もいない所に行ってリラックスしたりなどして、蓄積したストレスを抜く時間を作ってあげてください

ストレスを無くす事は難しいですが、抜く事を心がける。

運動をしたり、誰もいない所でゆったりとした時間を過ごすのいいでしょう。自分に合った、ガス抜き方法を見つけて生活の一部にしてください。

 

不規則な生活リズム

不規則な生活リズムもヘアサイクルの短縮原因に。やはり薄毛に繋がります。
特に気を付けたいのが睡眠時間です。

睡眠時間がとれずに寝不足状態が続くと、髪は薄く後退していく原因に。
その理由は、髪は睡眠中に成長するからです。

特に夜の22時~2時までの間が髪の成長時間と言われています。
この時間に寝れれば、副交感神経が活性化して、体内の成長ホルモンの分泌量が増幅します。

髪が太く長く成長していきます。

理想は、22時までにお風呂に入り、チャップアップ等の育毛剤を付けて頭皮に栄養補給をして布団に入るのが理想です。
お仕事で夜が遅くなりがちな人でも、できるかぎり0時~1時までには寝るように心がけましょう。

 

乱れた食生活

暴飲暴食で乱れた食生活は、髪にも体にも負担になります。
その為、薄毛男性の多くが、同時にメタボや肥満の問題を抱えていケースが多くあります。

肥満状態になると、体全体の血流が低下して髪に栄養がいきにくく、ヘアサイクルの短縮原因に。

食事も肉や魚等が中心になって、髪に欲しい栄養「タンパク質」「ビタミン」「亜鉛」が不足している事が考えられます。

改善する為には下記の3つを心がけてください。

  • 腹8分目にして食べ過ぎない。肥満を防ぐ!
  • 野菜をたっぷり食べてバランスの良い栄養を!
  • ボストンのサプリメントで不足しがちな亜鉛を摂取!

この3つを心がけた食生活を習慣にしてください。

 

育毛対策のまとめ

最後に、ここで伝えている育毛対策に必要な事を、一つ一つまとめていきます。
原因を理解して、対策をすることが大切です。

薄毛の原因の全てはヘアサイクルが乱れて成長期間が短くなる事で始まる!
成長期間の短縮原因を排除する事が重要!

改善ポイントは、

  • ストレス⇒溜めこまない
  • 生活リズム⇒睡眠時間
  • 食生活⇒バランスとサプリメントでカバー

です。

ストレスは消すことができないが解消する事ができる。
溜まらないようにする為にリラックスタイムを生活の中に作る。

生活習慣で一番大切なのは睡眠。
22時までにお風呂に入り頭皮を清潔にして、チャップアップ等の育毛剤を付けて布団に入る。
遅くても0時~1時までにはできるようにする。

食生活は、「食べ過ぎない」「バランスの良い栄養」「サプリメントで髪の必須栄養の補充」をする。
メタボや肥満も解消できるような食生活を心がけて、食事から補給しにくい亜鉛などはボストンで補給する。

以上の事を心がけてください。

育毛治療の解説事例・210日間の記録でも、育毛剤だけつけているのではなく生活習慣も改善するようにしていきました。

薄毛の原因を全て排除することが、効果的な育毛対策に繋がります。

成長期の短縮原因を一つ一つ正して、育毛剤やサプリメントを活用していきましょう。

最初に試したい育毛剤やサプリメントは、改善の為に活用した育毛剤とサプリメントの解説で案内しています。

 

著者プロフィール
HN:育毛貴族
美容師兼、育毛アドバイザーです。
月間700名以上のお客様に髪のアドバイスをさせて頂いています。
ブログにも全国からご相談メールが毎日届くので、良くある質問をまとめていきます。育毛対策の参考にしてください。
・初めての方はコチラ
・お問い合わせはコチラ
twitter


お勧めの育毛剤

チャップアップの育毛アイテム

kousiki review experience



このページの先頭へ